jumble

アクセスカウンタ

zoom RSS X Window Systemと格闘 その4

<<   作成日時 : 2012/04/05 09:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

X Window Systemと格闘 その4


前の記事

"no screens found"というエラーが出力される。
ググるといろいろ出てくるのだが、どうも自分の状況にあった情報が出てこない。
まいったな。
とりあえず、正常に動作する席で再度"Xorg -configure"を実行し、xorg.confを新規に生成し、それを使ってみた。
正常に動作する。
とりあえず一安心。
で、また自分の席で再度起動。
ログイン時に入力できない現象はやっぱり起きる。
そうなった時はあきらめて再起動する。
で、ログインできたときにstartxを叩く。
正常に起動した。
だが、やっぱり解像度は1024x768だ。
そもそも、さっきはエラーで今度はエラーにならなかった理由は何だ?
Xorg.0.logを見てみると、どうもドライバはintelではなくvesaが使われているようだ。
おや?
intelドライバはnomodesetでは使えないのかな?
結論としてはそうなる。
で、nomodesetなしの状態で一応1280x1024で動作した、前回のintelドライバ用のxorg.confをvesaに変えてやってみた。
一応動作するのだが、やっぱり1024x768だ。
いろいろやっても、どうしても1280x1024になってくれない。
こうしてみると、ドライバごとにかなり動作が異なるようだ。
で、ログをよーく見ていくと、1280x1024を採用しなかった理由らしき記述が見つかった。

        ・・・
[...] (II) VESA(0): Monitor0: Using default hsync range of 31.50-48.00 kHz
[...] (II) VESA(0): Monitor0: Using default vrefresh range of 50.00-70.00 Hz
[...] (II) VESA(0): Monitor0: Using default maximum pixel clock of 65.00 MHz
        ・・・
[...] (II) VESA(0): Not using built-in mode "1600x1200" (hsync out of range)
[...] (II) VESA(0): Not using built-in mode "1280x1024" (hsync out of range)
[...] (--) VESA(0): Virtual size is 1024x768 (pitch 1024)
        ・・・

"hsync range of 31.50-48.00 kHz"とあり、その下に"hsync out of range"とある。
さらにその下に、"Virtual size is 1024x768"とある。
このあたりが鍵になりそうだ。
調べるうちにこんなページを見つける。
それで、再度cvtを叩いて確認。

$ cvt 1280 1024 60
# 1280x1024 59.89 Hz (CVT 1.31M4) hsync: 63.67 kHz; pclk: 109.00 MHz
Modeline "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1368 1496 1712 1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync

hsync 63.67 kHzとある。
まあ、これが正確かどうかは別として、そのあたりまでカバーすれば何とかなるかも。
もうひとつは、vesaドライバはDisplayサブセクションのModesの指定を無視しているように見える。
なので、Virtualを指定してみた。
Virtualの指定は、前回も引用したこのページを参考にした。
全体として、/etc/X11/xorg.confは次のようになった。

Section "ServerLayout"
    Identifier "X.org Configured"
    Screen 0 "Screen0" 0 0
EndSection

Section "Files"
    ModulePath "/usr/lib64/xorg/modules"
    FontPath "catalogue:/etc/X11/fontpath.d"
    FontPath "built-ins"
EndSection

Section "Module"
    Load "dri2"
    Load "extmod"
    Load "glx"
    Load "record"
    Load "dri"
    Load "dbe"
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier "Monitor0"
    VendorName "Monitor Vendor"
    ModelName "Monitor Model"
    Horizsync 31.5 - 65.0
EndSection

Section "Device"
    Identifier "Card0"
    Driver "vesa"
    BusID "PCI:0:2:0"
EndSection

Section "Screen"
    Identifier "Screen0"
    Device "Card0"
    Monitor "Monitor0"
    SubSection "Display"
        Viewport 0 0
        Depth 24
        Virtual 1280 1024
    EndSubSection
EndSection

結果的には、これでうまくいった。
ちゃんと1280x1024になってくれた。
ログインできれば、その後は安定して動作する。
やれやれ。
だけど、ログイン時にキーボード入力を受け付けない現象は、相変わらず頻繁に発生する。
これはまだ未解決だ。
※ 04/20 キーボードが入力できなくなることがある件については、一応解決。次のページを参照。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
X Window Systemと格闘 その4 jumble/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる