jumble

アクセスカウンタ

zoom RSS X Window Systemと格闘 その2

<<   作成日時 : 2012/04/05 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

X Window Systemと格闘 その2


前の記事

解像度の問題は結構みんな苦労しているようだ。
今現在、解像度はxrandrというコマンドで変更するらしい。
このページ参照。
このコマンドは、Xを再起動することなく変更できるということだ。
でも今回の場合、それは通用しなかった。
いろいろやってみたが、どうやってもだめ。
そもそもxrandrと打っても、connectedと表示される接続自体が存在しない。

$ xandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1024 x 768, maximum 8192 x 8192
VGA1 disconnected 1024x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
DVI1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
1024x768 (0x43) 65.0MHz
h: width 1024 start 1048 end 1184 total 1344 skew 0 clock 48.4KHz
v: height 768 start 771 end 777 total 806 clock 60.0Hz
800x600 (0x44) 40.0MHz
h: width 800 start 840 end 968 total 1056 skew 0 clock 37.9KHz
v: height 600 start 601 end 605 total 628 clock 60.3Hz
        ・・・

で、上のページを参考に、rootになって無理やり解像度を変えようとしても、真っ暗になって何も見えやしない。
では、以前存在していたsystem-config-displayはどうなった?
そんなパッケージも、もはや存在しない。
そのかわり、画面右上のユーザー名をクリックして、"システム設定 - ディスプレイ"から解像度を変更できる。
このとき、rootのパスワードを聞かれないので、ユーザー独自に保管しているはずだ。
それが、ホームディレクトリ配下の.config/monitors.xmlというファイルであることが分かった。
これで解像度を強制できるのではないかと思ったが甘かった。
このファイルは、すでに1280x1024になっている。
そもそも、それが無視されているのだ。
やっぱり、/etc/X11/xorg.confをどうにかするしかなさそうだ。
いろいろ調べ、試行錯誤して次のようにしてみた。

Section "ServerLayout"
    Identifier "X.org Configured"
    Screen 0 "Screen0" 0 0
EndSection

Section "Files"
    ModulePath "/usr/lib64/xorg/modules"
    FontPath "catalogue:/etc/X11/fontpath.d"
    FontPath "built-ins"
EndSection

Section "Module"
    Load "dri2"
    Load "extmod"
    Load "glx"
    Load "record"
    Load "dri"
    Load "dbe"
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier "Monitor0"
    VendorName "Monitor Vendor"
    ModelName "Monitor Model"
    Modeline "1280x1024" 108.00 1280 1328 1440 1688 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync
EndSection

Section "Device"
    Identifier "Card0"
    Driver "intel"
    BusID "PCI:0:2:0"
EndSection

Section "Screen"
    Identifier "Screen0"
    Device "Card0"
    Monitor "Monitor0"
    SubSection "Display"
        Viewport 0 0
        Depth 24
        Modes "1280x1024"
    EndSubSection
EndSection

難しいのが、MonitorセクションのModelineで指定する数字。
よく分かってないのだが、最初は次のようにcvtで得た値を使ってみた。

$ cvt 1280 1024 60
# 1280x1024 59.89 Hz (CVT 1.31M4) hsync: 63.67 kHz; pclk: 109.00 MHz
Modeline "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1368 1496 1712 1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync

だがこの値を使うと、画面がかなり左にずれてしまう。
それで、/var/log/Xorg.0.logを眺めていると、なんか使えそうな値が出ていたのでそれを使ってみた。

        ・・・
[...] (II) intel(0): Printing probed modes for output VGA1
[...] (II) intel(0): Modeline "1280x1024"x60.0 108.00 1280 1328 1440 1688 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync (64.0 kHz)
[...] (II) intel(0): Modeline "1152x864"x75.0 108.00 1152 1216 1344 1600 864 865 868 900 +hsync +vsync (67.5 kHz)
[...] (II) intel(0): Modeline "1024x768"x75.1 78.80 1024 1040 1136 1312 768 769 772 800 +hsync +vsync (60.1 kHz)
        ・・・

上記のxorg.confで起動すると・・・。
まず、ログインした段階で、キーボードを受け付けないことがあるのは変化なし。
エラーメッセージも変化なし。
キーボード入力が効くときに、startxを叩くと、X Window Systemが1280x1024で起動してくれる。
よし、キターッと思ったのだが。
マウスの動作が重い、しかも、しばらく使うとマウス、キーボード共に効かなくなる。
何分かすると動き出すが、またすぐ効かなくなる。
うーん。
このままだと、使いものにならない。

解像度がどうとかいう問題の前に、まずこの不安定な動作を解決しないと話にならなさそうだ。
これはやはり、引っ切りなしに出てくるエラーメッセージと無関係じゃないだろう。
ということで、そっちの方面から調べていくことにした。

次の記事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
X Window Systemと格闘 その2 jumble/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/06 08:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
X Window Systemと格闘 その2 jumble/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる