jumble

アクセスカウンタ

zoom RSS Linux奮闘記 その6 - 総括

<<   作成日時 : 2012/03/04 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Linux奮闘記 その6 - 総括


前の記事

結局現在、メインはFedora 16を強制フォールバックにしたものになっている。
いろいろトラブったが、勉強にもなった。
まだ未解決の疑問が残ってはいるが・・・。
それにしても、UnityにしろGnome Shellにしろなんとかならないものか?
パソコンのデスクトップとタブレットでは操作方法が全く違う。
それを統合しようという"試み"はあってもいいと思うけど、結論は既に出ている気がする。
Ubuntuのシェアが急速に落ちていることが、それを証明している。
それに、デフォルトではカスタマイズが全くできないのも怒り心頭だ。
Linus Torvaldsさんもお怒りではないか(この記事)。
特にLinusさんは開発者なので、環境をカスタマイズして使うだろう。
で、何画面もアプリを起動して作業するだろうから、そういう人にとっては耐えられないのだと思う。
無料で提供してくれているので文句言えた筋合いではないかもしれないけど。
デスクトップ環境なんて簡単に変更できるので、大きな問題ではないという人もいる。
確かにその通りだと思うけど、Ubuntuユーザーはその態度に愛想を尽かしたのではないだろうか?
新しいUIを押し付けるその態度に。
また、新しいUIが使いものにならないとすると、進化がそこで止まることになる。
古いものを使い続けるしかないからだ。
Gnome 2は完成度が高かったけど、まだ改善の余地はあると思う。
例えば次のような点。
・上下のパーを1つにまとめる工夫をする。
・マウスだけではなくキーボードでも操作できるようにする。
そういう方向に発展させてくれれば嬉しいんだけどな。

もうすぐWindows 8が出るそうだ。
これはMetro UIというUIをデフォルトで使用しているらしい。
やはり、タブレットを意識した仕様になってるみたいだ。
実際に使ったわけではないが、UnityやGnome Shellなんか比べものにならないくらい使いにくそう。
前評判もすこぶる悪いみたいだ。
多分、こけるでしょう。
まあ、今までと同じUIに切り替えられるそうなので、みんなそうするだろう。
そこで、失敗に気付くだろう。
ある意味、Linuxは先に失敗しているので、その教訓を生かせばシェアを奪うチャンスになると思うんだけどな。
Linuxはサーバー分野では健闘しているようだが、デスクトップでは今のところ全然伸びていない。
何故だろう?
やはり、プリインストールして販売していないからか?
確かにインストールという作業は面倒だし、不安なものだ。
自分は、少なくとも一般の人に比べれば、かなりLinuxのスキルはあるはずである。
それでも、今回の一連のトラブルにはかなり苦労した。
まあスキルがある分、特殊なことをしようとして苦労しているところはあると思うけど。
でも、起動しないとかログイン出来ないとなれば、情報を採ることさえ難しくなるので、何とかして欲しいところだ。
Linuxにはデスクトップ分野でも頑張って欲しい。
慣れれば、Windowsよりはるかに使いやすいし、さらに無料なのだから。
別に過半数をとか無茶は言わないから、せめて10%、いや20%くらいでMacと争うくらいになって欲しいものだ。
メーカーは需要が無いという理由で、今のところプリインストール機を売る気はないようだ。
もちろんWindowsと同じ値段なら需要が無いかもしれない。
でも、Linuxは無料だからWindowsより安く売れるはずだ。
その辺りを生かして、プリインストールされたパソコンを販売してくれるメーカーが現れないものか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Linux奮闘記 その6 - 総括 jumble/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる