jumble

アクセスカウンタ

zoom RSS Linux奮闘記 その4 - 再びUbuntu 11.10

<<   作成日時 : 2012/03/04 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Linux奮闘記 その4 - 再びUbuntu 11.10


前の記事

最新バージョンには使えるものが無い。
かといって旧バージョンに戻すのはやはり後退だ。
別のディストリビューション(例えばOpenSUSEなど)を試そうかとも思ったが、もはやその気力が残っていなかった。
これまでの中ではまだUbuntuの状況が一番マシだ。
ということで気を取り直してUbuntuに立ち向かう。
まずUnityだが、gnome-tweak-toolを入れればデスクトップ環境を変更できる。
そこでログイン時に、Gnome Classic(いわゆるGnome 2と同等)を選ぶことにした。
ただし、今までと全く同じではなく、上段のバー(パネル)で右クリックしても反応が無いのだ。
アプリケーションからメニューを右クリックしても、単にアプリが起動するだけ。
要するにパネルにアプリ起動用のアイコンを追加できない、と思われた。
が、ドラッグすれば今まで通り追加できるようだ。
Eclipseなど自分で準備したプログラムは、パネルを「Altキーを押しながら」右クリックすると追加できる。
なんだそりゃ。
何故わざわざそんな仕様にしてるんだ?
まあいいや。
とりあえず、今までと同じように使えそうだ。
あとはgvimの問題。
こちらはしょうがないので、対処療法としての回避策を講じることにした。
基本的にはgvimコマンドに-fオプションを付ければフリーズしないみたいだ。
ただ、これだとコマンドを打った端末がgvimに占有され、gvimが終了するまで使えないのだ。
じつはWindowsのcygwinからgvimを使うときも同じような現象になる。
これは非常に不便。
で、それをバックグラウンドで起動するように細工する。
具体的には、ホームディレクトリの.bashrcに次の1行を追加。

gvim(){ /usr/bin/gvim -f "$@" & true; }

バックグラウンドで起動するとその旨のメッセージが出てうざいのだが、しょうがない。
それを防ぐ方法がよく分からないのだ。
まあそれくらいは我慢しよう。
なんとか使えそうだと思った矢先、またトラブル発生。
Mintと同じでログインできない現象になってしまった。
いいかげんにせーよ!
これはMint特有の問題では無かったようだ。
むむむ。
本当に困った。
調べるうち、こんなサイトを見つけた。
そうか、Ctrl + Alt + F1で裏画面からログインする手があるのか。
ふむふむ、ホームディレクトリの.Xauthorityを消して、と。
やってみたのだが変化なし。
解決しない。
.Xauthorityは再生成されるだけだ。
途方に暮れていじくり回している間に、ホームディレクトリに.xsession-errorsなるファイルがあるのを発見。
中を覗くとあるエラーの内容が書いてある。
そのエラーは自分のカスタマイズが原因であることはすぐに分かった。
ただ、カスタマイズを先に進めれば消えるし、大したエラーでもないので気にも止めていなかったものだ。
それが原因なのか?
試しに原因を取り除いてみた。
すると・・・。
ログインできるではないか。
よかった。
Mintも同じ原因だろう。
案の定、Mintの方もログインできるようになった。
ここから復活の兆しが見えたのだった。

次に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Linux奮闘記 その4 - 再びUbuntu 11.10 jumble/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる